構造最適化

ムリ、ムダのない構造計画を提案

東日本大震災や熊本地震を契機に、耐震性能の重要性がクローズアップされています。

ムリのない構造計画をするためには、プラン(意匠計画)の段階から、理にかなった柱の位置、梁の架け方などをイメージして計画する必要があります。
構造計画
ムダのない構造計画をするためには、地盤調査・解析から得られた情報を元に、基礎の配筋計画や耐力金物の配置計画を行う必要があります。

木造においては、許容応力度計算(いわゆる構造計算)を行うことで、安全かつ各部材にムダのない構造計画ができます。
構造計画

「許容応力度計算」で、安全かつ合理的な構造計画

ひと言で“構造計算”と言っても、その内容をきちんと説明できる人は、住宅業界においてもほとんどいないでしょう。

木造の構造安全性検討ができる計算は主に3つありますが、いわゆる“構造計算”と言えるのは、「許容応力度計算」しかありません。
許容応力度計算

基礎内部立上りを省略した、フレックスな基礎工法を提案

一般的な基礎工法では、柱や耐力壁を受けるためのコンクリート基礎立上りが必要になります。しかし、基礎内部空間にたくさんの基礎立上りがあると、空気の流れや点検ルート、配管ルートの障壁になります。

そこで、アースレイズで地盤調査・解析を行った建物では、基礎内部空間の基礎立上りを極力無くし、柱直下に円柱状の基礎立上りを設けるフレックスな基礎工法を提案しています。もちろん、許容応力度計算によって安全確認を行うことで可能になります。
仕様規定による基礎形状
KJS基礎の役割と形状
KJS基礎の特徴

“意匠” “構造” “地盤”…最適化された計画を提案

一級建築士のみならず、地盤品質判定士の資格をもつスタッフが、デザイン性や省エネ性、それらのコストバランスにも配慮しながら、構造安全性を考えた最適な計画をご提案します。